<< 噂に聞いてる? | main | 丸十年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
印象に残った言葉
JUGEMテーマ:日記・一般

先日の土日 松江腎クリニック 開院10周年記念の講演&パーティーに出席する為 松江に行ってきました

講演は 神戸に在る坂井瑠実クリニック理事長坂井瑠実先生で 演目は
「私の透析考」

2時間あまりの講演時間でしたが 草創期の透析から現在の最先端の透析までを診続けてきた先生が放つ 一つ一つの言葉の存在感に 終始圧倒されっぱなしで帰ってきました

今日はその中で印象に残った言葉を幾つか紹介したいと思います
 




まず「透析に失礼」

透析患者に起こる合併症の多くは(長期に亘る)透析不足が原因による合併症で よく言う透析の合併症などと言う言い方は「透析に対して失礼だと思う」と仰っていました

次に
「医者の怠慢」

↑の言葉に付随する言葉ですが ちゃんと透析を行えば合併症は予防出来るのに それをキチンと行わないのは「医者の怠慢」だとも仰ってました

「昔は血流300とか400は当たり前」

詳しくは知らないけど 昔の透析は静脈圧と動脈圧の差で除水してたそうで 極めて効率の悪い透析だったそう 恐らくそんな頃の透析では血流300/minとか400/minなんて当たり前に設定されていたと言う事なんだろう それを踏まえて「血流を上げる事が心臓に負担になるなんてことは無い」と仰っていました

また血流を上げると透析効率が上がり 透析量も大きくなるけど 「透析量を上げると良い物も向けてしまう」と言う言葉を良く聞きますよね? 

この話にも先生は触れておられ 例えば妊婦さんの透析患者さん毎日透析する事が保険で認められているそうですが そうやって毎日透析を行なえば自ずと透析量は上がって行き 俗に言う良い物も抜けてしまう訳だけど 「それでもちゃんと赤ちゃんはお腹の中で成長して ちゃんと生まれてくるんだ」と・・・もちろんそれには「しっかり食べる事」が大前提なんですとも仰っていました

やっぱり 行き着くところはしっかり食べてしっかり透析なんですね

それから坂井先生は「透析患者の生命予後が健常人の半分と知っていて 予後を改善する方法も知っているのに それを実行しないのは罪悪」とも仰ってました

この言葉は 刺して・回して・返すだけのその日暮らしの透析を漫然と実行し続けている 全ての透析施設の全ての人に強く響いて欲しい言葉でした

そして最後に先生は

「どの様な透析をしたいかは患者自身が決めること」と・・・

どんな透析をすれば合併症に怯える事も無く元気に長生きできるのか 患者自身はそれを知った上で自分はどうしたいのか? 様々なスタイルの透析治療の中で 自分のライフスタイルや仕事との兼ね合いを考え その中で自分によりベターな透析を選ぶのは患者自身なんだということを 講演の最後に仰ってました

       ☆          ☆

40年あまり透析や腎不全の治療に携わって来られ 現在は施設でのオーバーナイト透析や中二日を作らない完全隔日透析 また在宅透析にも尽力されてる坂井先生は とってもパワフルで とっても素敵な先生でした☆ 

またどこかでお会いできる事を楽しみにしたいと思います♪
| 透析の話 | 15:26 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| - | 15:26 | - | - |
コメント
いまさん、楽しい松江旅でしたね♪
潔い印象のるみ先生の講演は 本当に素晴らしかったと思います。
聞き得、行って良かったです。

今度は何年後かしらん。。。
| レオン | 2011/04/16 11:40 PM |
>レオンさん
松江 行って良かったですね

ウチ等も何年後かしら(汗)
| いまさん | 2011/04/19 3:31 PM |
素晴らしく的確にまとめられておりまする.

あ,お久しぶりでした.

所で,メール届いた?
| kusakari | 2011/05/18 10:11 PM |
>kusakari先生

どうも お久しぶりです

お褒めに預かり光栄でございまする

え?! メール?! 届いてないようですが・・・(汗)
| いまさん | 2011/05/19 1:11 PM |
再送しました。

| kusakari | 2011/05/21 3:10 PM |
>kusakari先生

確認しました ありがとうございました
| いまさん | 2011/05/21 5:54 PM |
コメントする